(大白法 令和4年2月16日 第1071号 転載)

本日は、二月度の広布唱題会に当まして、皆様には、新型コロナウイ感染症によって世情騒然としているか、信心強盛に参詣され、まことにご苦労さまでございます。
既に皆様も御承知の通り、今月は祖日蓮大聖人御聖誕の月であります。日蓮大聖人様は、貞応元(一二二二)年二月十六日、法華経において予証せられた通り、外用上行菩薩、内証久遠元初自受用身の御本仏として末法に御出現あそばされました。
その御出現の目的は、久遠元初の妙法蓮華経をもって、末法本末有善の衆をして、ことごとく仏道に入らしめ、即身成仏せしめるためであります。
しかるに、世間の多くの人達は、謗法の害毒によって正しい法を見失い、塗炭の苦しみに喘いでいるのが現状であります。
こうした苦悩に喘ぐ人々に、正しい大聖人様の仏法を説き、折伏をしていくことが、今日、我々に課せられた、まことに大事な使命であります。
大聖人様は『立正安国論』に、
「倩微管を傾け聯 経文を披きたるに、世皆正に背き人 悉く悪に帰す。
故に善神国を捨て丶相去り、聖人 所を辞して還らず。是を以て魔きたり鬼来たり、
災起こり難起こる。言はずんばあるべからず。恐れずんばあらず」 (御書二三四ページ)
と仰せられ、世の中が乱れ、人々が不幸と混乱と苦悩に喘いでいる根本原因は、
邪義邪宗の謗法の害毒にあり、この謗法の対治なくして、人々の幸せも、世の中
の平和も、国土の安稲も実現すことはできないと仰せられているのでありす。
ここに今、私どもが全力を傾注して、折伏を行じていかなければならない大事な理由が存しているのであります。
されば『唱法華題目抄』には、
「末代には善無き者は多く善有る者は少なし。故に悪道に堕せん事疑ひ無し。
同じくは法華経を強ひて説き聞かせて毒鼓の縁と成すべきか。然れば法華経を説いて謗縁を結ぶべき時節なる事諍ひ無き者をや」(同二三一ページ)
と仰せであります。
この「毒鼓の縁」とは、既に皆様も御承知の通り、毒薬を塗った太鼓を打つと、その音を聞くすべての 者が死ぬと言われており、たとえ法を聞いて反対しても、やがて煩悩を断じて褥道できることを毒鼓、つまり毒を塗った太鼓を打つことに譬えているのであります。
すなわち、一切衆生には皆、仏性が具わっており、正しい法を聞き、発心・修行することによって成仏できると言っているのであります。つまり、たとえ末法本未有蕃の荒凡夫であったとしも、三大秘法の南無妙法華経を聞かせることによって、正法と縁を結ばせ、必ず救済することができるのであります。
されば『法華初心成仏抄』には、
「仏になる法華経を耳にふれぬれば、是を種として必ず仏になるなり。されば天台・妙楽も此の心を以て、強ひて法華経を説くべしとは釈し給へり。譬へば人の地に依りて倒れたる者の、返って地をおさへて起つが如し。地獄には堕つれども、疾く浮かんで仏になるなり。
当世の人何となくとも法華経に背く失に依りて、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし」(同一三一六ページ)
と仰せられ、末法今時の本未有善の衆生に対しては、なんとしてでも法華経、すなわち本因下種の妙法蓮華経を強いて説くべきであると仰せられているのであります。
すなわち、 邪義邪宗の害毒によって混乱を極めている今時末法においては、像法過時の如き摂受ではなく、折伏をもって謗法を対治することが、いかに大事であるかを御教示あそばされているのであります。
今、宗 は僧俗一致・異体同心して、一天広布へ向けて力弾く前進をしております。
この時に当たり、すべての講中は、記念局の本年度のポスターにある「報恩躍進の年 今こそ折伏の時」のスローガンンを胸に、 講中一結・異体同心して勇猛果敢に折伏を行じ、もって必ず本年度の誓願を達成されますよう心から念じ、本日の挨拶といたします。